上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車で旅行に行くはずだったが、ツレが「行く気分じゃない」とのことでキャンセルした。
私は行きたかったのに!と怒っていたけど、この大雪。
車はスタッドレスじゃないので、雪道は走れない。
旅行に行ってたら車でも帰れない、電車も動いてないってことで、困ったことになっていたはず。

こんな風に「一見悪そうにみえることは、実はとてもいいことだった」という出来事がよく起きることに気づき始めた。

旅行先で1時間に一本しかないバスに乗り遅れて悔しい思いをする。
仕方がないからタクシーに乗った。
タクシーの運ちゃんが、地元の人しか知らない穴場の観光地に連れて行ってくれた、とか。

丹精込めて作っていた人形が、途中で壊れて泣いた。
でももう一度作った人形は前のより、とーってもかわゆくなった、とか。

今、運が悪いとか苦しいと思っていることも、本当はいいことに繋がる前兆だとしたら?
もしそれを確信することが出来たら、悪いことが起きることは悪くないと思えるかな。

いいことが起きた時は機嫌がいいのは当たり前だ。
悪いことが起きた時に、いかに機嫌をよくすることが出来るか。
絶望しないでいられるか。うーん
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://teruteru2013.blog.fc2.com/tb.php/7-3cb38a34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。