上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.31 ノート大好き
大好きモレスキン♪しかし高い。。。


DSCF1969.jpg

ノートマニアになったのはいつからだろう?
日常のいろんなことやチラッと思ったことを書きとめることで、忘れることがなくなったり、クリエイティブなアイデアが出やすくなった。
使っていないノートやスケジュール帳が何冊もある。
今年の手帳が3冊もある。持ち歩くのは1冊なのに、なんでそんなムダ金使うかな?
毎年反省して、毎年何冊も買ってしまう。
自分でも恐ろしいくらい学ばないオンナだ。

しかしモレスキンは高い。こんな薄っぺらなノートが一冊1000円ってどういうこっちゃいな。
しかしモレスキンは持っているとワクワクするのだ。
たとえ中身に何も書いていなくても、ノートを開くだけでウキウキするのだ。

最初のページに何かを書くときはいつも緊張する。
書こうと決意してペンを持ち、白いページをじっと眺め、ニンマリとしてからペンのキャップを閉める。
今日も書くのやーめたっと。
スポンサーサイト
2013.01.28 テッド

熊のぬいぐるみがしゃべり動くのが愛らしく子供が好きそうだが、製作者は観覧ターゲットを大人に絞っているため、下ネタ、ヤク、おっぱいポロリなどてんこ盛り。
熊のぬいぐるみは象徴で大人になれないおこちゃま男が愛する人のためにいかに大人になるかという話。

見て思ったのは、これは脚本家あるいは監督の自分の話ではないか?ということ。
しゃべるぬいぐるみは男なら誰でも持っている子供じみた趣味。それをいつまでも手放せなくてバカをして彼女を困らせたり、怒らせたりする。

どこの国に必ずいる主人公は何年も女性と付き合っているくせに結婚のケの字も考えない自己中男。
その彼女は外見も心も美しく、主人公(おこちゃま男)が何をしても愛情を失わない。

金もなく、仕事もできず、情熱もなく、何かあっても他人のせいにして、ぬいぐるみの熊だけが友達の麻薬中毒の男に愛情深く接するのは映画の中のヒロインだけ。

こうやって書くとひどい設定だなおいって思うけど
テッドが外見のかわゆさとは裏腹に下品で、口汚く、下ネタ満載で楽しめた。

もったいないのはクライマックスシーン。テッドが悪い男たちに襲われて、ピーンチなはずなのにぬいぐるみなのでアクションシーンにハラハラ感がなく、腹を引き裂かれ身体が半分に千切れても綿が散らばるだけ。テッドが痛がるのも無理があり、見てるこっちさえチクリともしない。

最後、テッドは生き返らないほうがいい。その方が大人のファンタジーにふさわしい。

ようこそ。氷川神社へ
DSCF1956.jpg

こういう地図好き。古代様式っぽい。
DSCF1957.jpg

柵と鉄格子に守られた本殿。中に入りたいが、ご祈祷する人さえ難しい。
DSCF1948.jpg

私の住んでいる土地。磁場。空気。雰囲気。
いつも、いつも守ってくれてありがとう。
冬物バーゲンセールまっさかり。
しかし、欲しいと思うものがまったくない。

まれに欲しいと思っても、高すぎて(まったく値引きなどされてない)買うのをためらう。
迷っているうちに誰かに買われてしまい、あらおしまい。

バーゲンは初日に行かないといい服はすべて売り切れている。
あとに残るのは、ありきたりで魅力もない、魚の死骸のようなモノばかり。

光をまとうように服を着たいと思うが、あるのはドドメ色ばかりの没個性色。

私の目がおかしいのか、私の趣味が変わってきたのか、キラキラした派手なもの好きな傾向になってきたのは、自分が輝かないからなのか。
実験をしてみた。
なんとなく心に思っていた買いたいもの、やりたいこと、行きたい場所などをただ心で思っているだけじゃなくて、
手帳の今日の日付の場所に書き込んでみた。
こんな風だ。

買うもの、こうじみそ、コーヒー豆
行きたい場所 デパートの洋服売り場
やりたいこと、ヨガの予約、玄米をネットで注文する

そしたらあら不思議。心で思っていただけの時ははなかなか買えなかったもの、やれなかったことが全部出来た。
書くことで強制力が高まり、どうしても今日のうちにやらなければ!と思わせるのか?

ほんと不思議なんだけど、TO DOリスト(あるいは欲しいものリスト)に1番~10番まで書き込むとするじゃない?
1番、2番と目的を達成するたびに3番、4番も簡単にできるんじゃないか?5番、6番も叶うんじゃないか?とドンドン可能になっていく力が強くなってくるんだ。

この夢実現能力を高めていけば、手帳に書き込むだけで思い通りの自分になれる?
書くということは、夢や目標を固定すること。
書くことで思いを固定し、行動に移しやすくなる。
一つ叶えば、二つ目も必ず叶うという思い込み。

こんな風に欲しいものをすべて手に入れていくことが出来れば。。。うーん。
憂いスパ~

DSCF1964.jpg

こんな薄くなっちゃって、どうしたの?
私の愛した分厚くて、吸収率高くて、フカフカだったウイスパーはどこよー!
ずーっと、文句を言いたかったけど、ずーっと、前のウイスパー(羽根なし21センチ)探してたけど、ナイじゃないのよー!
製品が品質改良するのはよくあるけど、劣化するってあるお?
プロクターアンドギャンブルさんよ、前のウイスパーに戻してよー!

しかたがないから、別のブランド買いあさって、似てるの探した。
これからは「はだおもい」を愛してゆきます。

さようなら、私のウイスパー羽根なし普通の日用(涙)
2013.01.20 氷川女体神社
完全浄化されました

DSCF1933.jpg

武蔵国一宮 埼玉県さいたま市 氷川女体神社
DSCF1934.jpg

家の氏神様である近所の氷川神社にはお参りしたけど、まてよ、総本社行かなきゃってことで、氷川神社と氷川女体神社に行ってきた。
もちろん女性に挨拶するのが先だろうと、迷わず女体神社へ。
人がほとんどいない。でもそのほうが集中できるから好きなんだよねえ。
DSCF1926.jpg

修復工事後の新しいご神殿が銅色が輝いていた。これが数年もすれば薄緑色の味のある建物になるのか~。
でもなぜ屋根は銅で作るのか?謎。
後ろからこうやってご神殿を眺めるのが好きなんだ。神様により近い気がする。
熱心な人じゃないと裏まで回らない。だから人の多い神社でも裏に来ると人気がない。
裏を通れなくしてる神社もたくさんあるし。(パワーが強すぎるから人を制限しているのか?)
寒い冬の日。強い風が吹きザワザワと木々がざわめく。まるで私を歓迎してくれているようだ。
DSCF1930.jpg

あはははっ!笑っちゃった。ご神木にクマの頭がくっついてるよ。
こんなの初めて。おもろ。
うーん、あのこぶみたいの、他に何にみえるかな。
熊の横顔にしかみえない。すごい、動きだしそうな熊木だなあ。
ご当地キャラクター、夕張メロン熊にも似てる。
DSCF1935.jpg20111006-633783-1-N.jpg


光に包まれた時、私はここに呼ばれたんだなあ。。。と感じた。
奇稲田姫さま、呼んでくれてありがとう。
木々の間から太陽がのぞいて、私を大きく照らした。
全身が光に包まれて目を閉じて、深呼吸をする。
心の隅々、全身をめぐる血のすみずみまできれいな水で浄化された気分になる。
私、全身ドロドロだったんだなあ、邪悪な心で汚れてたんだな。
何度でも生まれ変わろう。
太陽のプリズムが青い着物を着た人のような形。
こんなきれいな写真が撮れたのは初めてだ。
DSCF1931.jpg
大仏様が見守ってくれていた


DSCF1924.jpg

DSCF1923.jpg

いつこの500円玉をおつりでもらったのかわからない。
いつの間にか私の財布の中に入っていた。使おうとしたとき、おもちゃだと思った。
47都道府県 記念コイン 大分県バージョン
偶然手に入れたけど、これは47個集めたくなってくるねえ。

でもどうして大分県?大分県の一の宮といえば宇佐神宮。これは宇佐神宮に呼ばれたかな。
九州、生まれて一度も行ったことがない。

それだけじゃないんだ~。いろいろ悪いことが重なって最悪の気分だった今日、このコインを見つけて単純だけど幸せな気持ちになったんだ。
私を見ていてくれる人がいる。それは大仏様。

大仏様が気にかけてくれてるんだから、恥じない行動をしないといけない。

よく見るとちょっと肌がブチブチ荒れてきたないけど、ふてぶてしい、いいお顔をしている。
私のところに来てくれてありがとう。
自分を変えたいと思ってきたが、ほんとは自分が変わってしまうのが怖いのだ。
心の奥底にいる自分は、自分を変えたくないと思っている。

この生ぬるい自分の世界をある程度気に入っているからだ。

今は居心地のいい、勝手知ったる世界だ。
不満は山ほどあるが、死ぬほど抜け出したい世界ではない。

誰かが大きな力で押し出してくれないと、嵐の中には飛び込めない。
いい方向に変わっていくとどうして確信が持てないんだろう。

すべての新しいチャレンジをしようとする前にネガティブな気持ちになるのはなぜだろう。
失う、失敗する、怪我をする、うまくいくわけがないと不安でたまらないのだろう。

私は水のように変わっていきたい。
何にもこだわらないし、自分を形作る核もなく、絶対的な優先順位もなく
どこにもつかまらず、哲学もなく、確かな価値観もなく、流れて、流れて、漂っていく勇気をください。
あなたの中にすばらしいものはない。
私の中にもすばらしいものはない。
すばらしいものは、ただあなたと私の間にだけある。

かけがえのないものは目に見えない。ただ人と人の間にだけある。

楽しく過ごした時間は一瞬で消えてなくなり、もう二度と同じものはない。
あなただけでは作り出せないし、私だけでも作り出せない。

車で旅行に行くはずだったが、ツレが「行く気分じゃない」とのことでキャンセルした。
私は行きたかったのに!と怒っていたけど、この大雪。
車はスタッドレスじゃないので、雪道は走れない。
旅行に行ってたら車でも帰れない、電車も動いてないってことで、困ったことになっていたはず。

こんな風に「一見悪そうにみえることは、実はとてもいいことだった」という出来事がよく起きることに気づき始めた。

旅行先で1時間に一本しかないバスに乗り遅れて悔しい思いをする。
仕方がないからタクシーに乗った。
タクシーの運ちゃんが、地元の人しか知らない穴場の観光地に連れて行ってくれた、とか。

丹精込めて作っていた人形が、途中で壊れて泣いた。
でももう一度作った人形は前のより、とーってもかわゆくなった、とか。

今、運が悪いとか苦しいと思っていることも、本当はいいことに繋がる前兆だとしたら?
もしそれを確信することが出来たら、悪いことが起きることは悪くないと思えるかな。

いいことが起きた時は機嫌がいいのは当たり前だ。
悪いことが起きた時に、いかに機嫌をよくすることが出来るか。
絶望しないでいられるか。うーん
思った以上におバカな絵に。。

DSCF1909.jpg
神棚に飾る鏡を伊勢一の宮「椿大神社(つばきおおかみやしろ)」で買った。
はて?いくらだったか忘れた。1000円くらい。
隣の四文字熟語は貼ると金運がやってくるという強力なパワーを持つお札(まだ貼ってない)

神様の化身、ご神体は鏡。そこに映るのは私。
私は私に対して祈っている。私は祈りをささげる者でもあるし、祈りを受ける者でもある。

わたくしごときが、神などとはおこがましい。
自分を愛せということなのか?自分が求めているものは自分の中にあるということか。

神具、ナイス!

2013.01.13
坊ちゃん石鹸 メイドインジャパン
DSCF1906.jpg
DSCF1905.jpg

昔ながらの製法で作られた肌に優しい石鹸。
うちでは皿洗いに使ってるけど身体洗ったり、髪を洗ったり万能なんだって。

こういう「手作り」「昔ながらの」という言葉に弱い。「おばあちゃんの知恵」とか。
パッケージの坊ちゃんの顔は微妙。。。もうちょっと髪型どうにかならんかったのか。

うちの同居人が肌に触れるものにこだわるタイプで、坊ちゃん石鹸がいたく気に入り、喜んで皿を洗ってくれる。
使用感は。。。。。うーん、ヌルヌルして皿割りそうになるなあ。
しかし私はめったに皿を洗わないし、洗うときは「チャーミー泡のチカラ」を使ってしまう。
坊ちゃんごめんなさい。

年度初めにはいつも目標を立てる。
「早起きをすること」
確か去年も、その前の去年も1月のスケジュール帳にもそう書いた。
しかし、眠い。マジで眠い。
夜は楽しくてやることたくさんある。あっという間に1時、2時。

目覚まし時計をずいぶん前に買った。
リリリン♪というけたたましい音が嫌いなので、ピーピチュピチュ♪という鳥の声で起こしてもらえるちょっとオシャレでお高かった目覚まし時計だ。

しかし、起きない。鳥の鳴き声では私はビクともしない。
結局、その日は遅刻した。
目覚まし時計を蹴っ飛ばしてやった。
鳥の声は選べるらしく1)カッコウ 2)うぐいす などと書いてある。
しかし、どの鳥でも起きれない。。。

今度はザザーッという波の音がする目覚ましを買おうっと。


DSCF1903.jpg
今治(愛媛県)タオル
いまじではありません、いまばりです。
世の中にオーガニックコットンというものがあるのを最近知った。
使ってみてビビった。なーんてやわらかいんでしょう。

今治は日本が誇る高品質タオルブランド。
神社を訪れるようになって、日本製品の良さにも気づくようになった。

製品には作り手の精神が宿る。
タオルをそうっと触ってみる。
携わっている人たちがどんな気持ちでこのフワフワを生み出しているのかわかる気がする。
お気に入りの手帳
四年前から毎年購入している手帳"W's Diary"
同じ作者が神社本出してた。めったに本など買わない私が中身を見て「これは買わなきゃ」とすぐ思った。
パラパラと中身を読んで、驚いた。この人、私と同じこと考えてるんだなあ。
でも和田さんは私より上品で真摯に神様と向き合ってる。

私が神社めぐりで必ずやることは
神社に行って、温泉に行って、お酒を飲む。
全身にパワーを浴び、肌から吸収し、内臓に染み込ませる。

好きなことをやってただけだが、これは神様パワーを最強にいただくことが出来る儀式ではないか?と考え始めた。

ていうか、神様なんてほんとにおるんかいな?
神様なんてうさんくさい。神なんて信じてない。ほんとは全く
2013.01.05 南宮神社
南宮神社に行きました。

DSCF1897_convert_20130105151845.jpg
日光みたいな色使いと柄

DSCF1889_convert_20130105151804.jpg
厳島神社みたいな建物

DSCF1899_convert_20130105151910.jpg

DSCF1886_convert_20130105151529.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。